【断捨離すれば…】45㎡賃貸家族3人快適スマートライフ

築30年以上の賃貸マンション、素敵スマートな暮らし方を考えるブログです。

子どもの本はまだまだリアル店舗で選んだほうがよいと思いました。

都内の大学病院に行った帰りに、子どもを連れて三省堂の本店へ行ってきました。


f:id:keefir:20200820202019j:image

三省堂のキッズ専用の会員カードを作っちゃいました♪

 

ポイント還元率だけ考えたら楽天ブックスで購入するのがいちばんお得なんだけど、

 

なんか、子どもの本てWebの情報だけだと良くわからないのです。

 

とくに図鑑とか、文学全集のとかシリーズものとかって、いろんな出版社が同じタイトルの本をいくつも出していて…

 

シリーズで買うとななると、やっぱり手に取ってシンパシーを感じたやつにしたい、

 

かといって近所のリアル書店ですと、種類が少ないですし、

 

だから、やっぱり書店といえば

 

神保町の御茶ノ水の、あの三省堂書店本店でしよ!

 

となったわけです。


f:id:keefir:20200820202809j:image

それで、図鑑はやっぱり小学館のNEOシリーズにしました。

(ちなみに今はプレNEO使用中)

 

他の出版社のものと比べると一目瞭然で、どれを選んだらよいのかがわかります。


f:id:keefir:20200820202919j:image

ドラえもんついてるなら、迷わずコレでしょ。

 

付属のDVDが、なかなか良くて

 

書店でみた映像に子どもはくぎ付け、

 

声もドラえもんの声でおおよろこびでした。

 

他にも漢検、数検のテキストも手に取ってみてホワンとあたたかく感じたものを選びました。

 

わたしが、楽天ブックスとかで一方的に取り寄せた本は、実はなかなか読んでくれないのだけれど、

 

自分で手に取ってカゴに入れてリアルて購入したものは、

 

買ったらすぐに読みだします。

 

子どもにとって、ズラっとたくさんある本の中から自分が選んだという過程も大事なんだなぁと気付かされました。