【断捨離すれば…】45㎡賃貸家族3人快適スマートライフ

築30年以上の賃貸マンション、素敵スマートな暮らし方を考えるブログです。

【超簡単、コスパ最強!】自宅でセルフ縮毛矯正をしてみた話

毎日、じめじめとした日が続きますね。

 私の髪の毛は先月美容院に行ったばかりだというのに、

 湿気を含んだ髪の毛は大爆発…

 

アイロンでのばしてハードスプレーしても

いつの間にか、クルクル…

頑固なくせ毛にヘトヘト…

 

サロンの縮毛矯正はお金も時間もかかる二重苦。

 だいたい、2万円×3時間コースと見積もって間違いない。

 髪の毛がのびてきたら元の木阿弥なのに…

 

2万円は痛い。

 

そこで、前から試そうと思っていた

 

セルフ縮毛矯正

 

これをやってみようという気になりました。

 

私の仮説では、セルフカラーよりもコスパよく簡単。

なぜなら、色がつかないから。

 

結果は大正解。

 

というわけで、こちらでシェアをさせていただきます。

 

自宅で失敗なく簡単にセルフ縮毛矯正をする方法

 

 

 

セルフ縮毛矯正で用意するもの

  •  ナプラ HB スプリュース ストレート ・縮毛矯正H(ハード) 各400g1剤・2剤
  •  180度以上のストレートアイロン
  •  目の粗いコーム
  • ヘアゴム
  • ドライヤー
  • 使い捨ての手袋
  • タオル
  • タイマー(わたしはスマートスピーカーを利用)

 

 縮毛矯正1剤2剤はこちらを使用しました。

 

セルフ縮毛矯正1剤の安全で簡単なぬり方

さて美容室で縮毛矯正をすると美容師さんが

 

業務用ヘアダイブラシ K-60 (ブラック)

こういうブラシでブロッキングした髪の毛に丁寧に薬剤を塗っていきますよね。

 

でも、それと同じことをするのは、セルフでは不可能。

 

ですから、このコームは使いません。

 

私がやった方法は、手に使い捨て手袋をつけて1剤を多めにとり

 

地肌につけないように髪の毛に直接ムニュムニュももみこんでいく方法です。

 

少ないと全体に行きわたらないので、多めにべったりとてばらくつけて10分ほど放置。

 

このときに、近くにスマートスピーカーがあると便利です。

 

わたしは、洗面所にgoogleホームを置いているので、1剤をつけて髪をおだんごにまとめタイマー10分と話しかけることでモタつくことなく時間をはかることができました。

 

ここで私がスマートスピーカーを使って正確に時間をはかることをおすすめするのかといいますと、

 

1剤は、髪の毛のシスチン結合を切り離す働きがあるため、ここで時間をかけすぎると断毛やビビり毛など修復不可能なダメージを髪にあたえてしまうからです。

 

タイマーがなったら、すぐにぬるめシャワーで薬剤をよく洗い流します。

 

わたしはお湯だけで10分以上は洗い流しました。

 

美容院ですと、専用のシャンプーなどで洗ってくれるかと思いますが、そういうものは何も用意していなかったので、ひたすらお湯洗いです。

 

そのあと、よくタオルドライして、ドライヤーの冷風で全体を乾かします。

 

全体が乾いたら、ストレートアイロンで髪をまっすぐにしていきます。

 

ブロッキングは2~3段階でよいと思います。

 

私はおおざっぱに上の髪をすくってゴムでとめてアイロンで伸ばしていく作業をしました。

 

アイロンの温度は185度でもよかったのですが200度にしました。

 

パナソニック ヘアアイロン ストレート用 海外対応 ナノケア 白 EH-HS99-W
 

今回、使用したアイロンはこちらのパナソニックのものです。

 

2万円とストレートアイロンの中では高めでしたが、

 

自宅でセルフ縮毛矯正ができるようになれば、この先の美容室でかかる費用が抑えられるなら1、2回で回収できます。

 

それから、もっと安いストレートアイロンになぜしなかったのかといいますと、

 

こちらのパナソニックのストレートアイロンは、

 

  • 温度をきちんと一定に保つ
  • 温度が正確
  • あらゆる角度から髪を伸ばせる
  • 温度を選択できる。

 

この4つの機能がとくにすぐれているので採用することにしました。

 

180度以上でアイロンをかければよいのですが、今回は念のため200℃でアイロンをかけました。

 

はいこれで、1剤のあとの髪をキレイにまっすくにすることができました。

 

次は2剤を塗布していきます。

 

セルフ縮毛矯正2剤のぬり方

 

2剤は、1剤よりも液がゆるいのでたれてきますので、お風呂場で頭をさかさまにして、ふだんリンスやトリートメントを頭にぬるときのようにつけました。

 

 2剤をつけおえたらスマートスピーカーで15分のタイマーをせっとします。

 

15分おいたら、再びお湯シャワーでよく洗い流します。(10分~20分)

 

その後、タオルドライして冷風で乾かします。

 

ここで持ちをよくするために、再度、ストレートアイロンをかけます。

 

セルフ縮毛矯正はここまで♪

 

びっくりするほどサラサラな髪に変わりサロンの仕上がりです。

 

さらに、縮毛矯正の持ちをよくするために、シャンプーは24時間をすぎてからすると安心です。

セルフ縮毛矯正のまとめ

  • 1剤は手袋をして手早くくしゃくしゃとつける。
  • スマートスピーカーのタイマー機能をつかう。
  • 温度が正確で一定に保つストレートアイロンを使用する。
  • お湯で仕上げる。

 

セルフ縮毛矯正の感想

思ったよりも、簡単でキレイにしあがりました。

 

一点だけ不快だったのは、1剤は手早くつける際に顔を下にむけて作業したのですが、かなりの刺激臭を目と鼻に感じたことです。

 

それ以外は、もう一度やりたいか?と問われれば…はい!次回もセルフでやります!と言えるほどコスパがよいと思いました。

 

肝心の仕上がりと持ちは、セルフだから悪いということはまったくありません。

 

サロンでは3時間コースかと思いますが、セルフですと…1時間半から2時間もあれば縮毛矯正ができます。

 

これは、やらない手はないな、というのが正直な感想でした♪ 

 

セルフ縮毛矯正2週間後

さて、セルフ縮毛矯正をしてか2週間が経ちました。

 

縮毛矯正の持ちについてですが、毛先の傷んでる部分は少し抜けてしまいました。

 

しかし全体的にはちゃんとキープしています。一番問題だった、前髪、顔周り、頭頂部はまっすぐをキープしています。

 

おかげで朝のスタイリングがとても楽です。

 

みなさんもぜひセルフ縮毛矯正にチャレンジしてみてくださいね!

 

ではでは~