【断捨離すれば…】45㎡賃貸家族3人快適スマートライフ

築30年以上の賃貸マンション、狭くても広く使うための行動習慣を考えるブログです。

Illustratorで線幅ブラシと絵筆ブラシ♪リンゴが描けるようになりました。

Illustratorの自学自習です。

 

今日は線幅ブラシと絵筆ブラシを使ってみました。


f:id:keefir:20190723163713j:image

ペンタブをつかって...


f:id:keefir:20190723163757j:image

ここまでは順調でした。


f:id:keefir:20190723163818j:image

このネズミの線の太さを変更するのに、線パネルが見つからず...30分もかかりました(╥Д╥ )

 

ウインドウズ→線、で表示されるはずなのにない?!

 

何度か繰り返すうちに、よく見たら画面の左上に出ていることに気づきました(p_q)


f:id:keefir:20190723164014j:image

これが線パネルです。

 

次は絵筆ブラシです。

 

テキストには色の指定までは描いていないしで、お手本と同じようにはなりません。


f:id:keefir:20190723164037j:image

リンゴの写真画像を見ながら、なんとなく描いて見ました。

 

輪郭からはみ出たところを消したかったんだけれど、ラスタライズした後だと、1つの絵になってしまうので消しゴムツールは使えないそうです。

 

消したかったら、ラスタライズする前に戻るか、Photoshopで消すそうです。

 

テキストを見ると簡単そうですが、やってみると意外と時間がかかりますね。

 

でもこの絵筆ツール、絵の具やお水を用意しなくてすむのはナイスです。

 

修正も塗り重ねの自由に出来ますしね♪

 

 

 

www.45heibei.work