【断捨離すれば…】45㎡賃貸家族3人快適スマートライフ

築30年以上の賃貸マンション、狭くても広く使うための行動習慣を考えるブログです。

夫にオーディオセットを断捨離させたAIスピーカーたち

わが家の出窓には、引っ越してきた時から夫のオーディオセットが置いてありました。

 

このオーディオセットで音楽を聞いたのは数えるほどだったし、うちはテレビを置いていなかったから、時折ラジオを聞く時もありました。

 

確かに音はいいのですが、アンプが壊れていて、スピーカーから音が出なかったりCDの音が途切れたりするのが不快で次第に使用回数がめっきり減っていきました。

 

そのうち娘が生まれ、娘に聴かせる英語CD専用にと、小型のCDラジカセを購入して使用するようになりました。

 

そして、ますますオーディオセットからは離れていきました。

ただ、そこに置いてあるだけのオーディオセット...

 

おそらく従来のものよりも、より小型になったものとして売り出されたのだろうけれど、

 

今となってはそれでも充分に大きく場所を取るものとなっていました。

 

そしてそこにオーディオセットがあるばかりに、出窓スペースのお掃除がしづらくて、ほぼ野放しになっていました...。

 

何度かわたしからも保育園のお制作の作品を飾った方がよほど良いのではないだろうか?と提案したこともありました。

 

しかし、それでも思い出深いオーディオセットだったのでしょう。

なかなか片付けたり処分をしようという気持ちにはならなかったようです。

 

そして、我が家にAIスピーカーがやってきて1年が経ちました。

 

いまや、小さなわが家には、AIスピーカーが計5台置いてあります。

 

現在、トイレ以外のすべて場所で、ニュース、音楽、ラジオが聞けるようになっています。

 

echo showにいたっては、映像まで呼び出せるようになっています。

 

ここにきて、ようやく夫も最近のテクノロジーの進歩を認めざるおえなくなってきたのか?

 

いきなり今日、オーディオセットを撤去し始めたのです。

 

そして、話の流れでスピーカーのメルカリ販売価格をチェックしてみることに...

 

メルカリでは壊れていない後継機種でも、たったの数1000円から数100円で取引がされていたのでした。

 

ショックかもしれないけれど、現実だよ、とわたしは言いました。

 

ということは、ジャンク品となると...。

 

だけど、Chrome audioというのをつなげれば、Google homeの

音をスピーカーからだすことができるみたいだよ。

 

ふーん、その仕様だとアンプに挿すようだから、アンプが壊れているから無理だな...。

 

といわけで、撤去、撤去...、

 

まだ、未練があるのか実家の倉庫にしまうことにしたようだけど...、まあ、そこまでは私も何も止めはしませんでした。

 

少し物との距離を離して冷却期間を置くうちに、なくても何も起こらないことに気づくだろうから...。

 

そして、出窓のサッシにびっしりはえた黒カビを雑巾でふき取りました。


f:id:keefir:20190616235415j:image

これで、半分だけだし、同じ場所をまだ何回か拭いた方が良いと思います。

 

もう出窓部分のもう半分は、プラモデルが飾ってあって、まだふいていないし、天井のカーテンレールの窓際部分の方にも黒カビが見えました。

 

もちろんカーテンは、カビで真っ黒です。取り替えるにも、まずは、お掃除が先決...お掃除がんばろう。

 

そんなわけで、AIスピーカー、様さまでした、と締めくくりたいところだけど、

 

もちろんAIスピーカーの力もあったと思います。

 

ですが、毎日、私がお家を掃除することで、空気が動きはじめたのかもしれないとも思っています。

 

今年の2月にCureReのえっさんに来ていただいて、そこまでスッキリするとは思わなかったようで、

 

そのスッキリに取りつかれてか、使っていないパソコンを移動しはじて、まだ物体はあるのですが、これも時間の問題かもしれません。

 

パソコン自体の陳腐化も進んでいて、いよいよデスクトップにこだわる必要性がうすくなってきたことに薄々気づいてはいるようです。

 

パソコンが移動したことで、中途半端に閉まっていた引き戸も全開になり部屋全体の見通しもよくなりました。

 

目に入ることで、お掃除スイッチも入ります。

 

以前は部屋は存在するのに、なかったことになっていた、そんなお部屋でした。

 

今はこの部屋で娘が勉強をしたりお絵描きをしたりして過ごしています。

 

生き返った部屋、使われるようになった部屋、部屋が喜んでいるように見えます。

 

可動率0のものが、わが家からなくなりはじめています。

 

あと、もう少し。