【断捨離すれば…】45㎡賃貸家族3人快適スマートライフ

築30年以上の賃貸マンション、狭くても広く使うための行動習慣を考えるブログです。

【簿記3級合格!!】合格ライン70ちょっと越えギリギリでした。

2月の簿記3級検定試験、ちょっとギリギリの出来で今回は見送りかなと思い、


f:id:keefir:20190328111851j:image

6月の検定試験を覚悟しておりましたが、ぎりぎりセーフの合格を頂くことができました。

 

直前の模擬試験でさえ丸1日かけて解いていたのですから、急に素早く解けるようになるわけないはずでして、

 

本試験でも時間制限ギリギリまで問題を解いて、見直しをする時間もなく、空白も埋め終わらずに試験終了。

 

仕訳が1つでも逆だったり、計算間違えで書き込んだ答えが正答していなかったとすると、今回はダメかなと思っていましたが、

 

慎重に仕分けを行い、慎重に計算をして、時間はかかりましたが、確実に数字を合わせながら解いたのが功を奏したようです。

 

計4回の直前模試ドンピシャの問題が出ました。

直前模試は受けておいて間違いないです。

 

それから直前になって、第1問、第3問、第5問の点数配分が高いので、この3つをはずさないようにすること、というアドバイスがあったので、

 

第2問、第4問は、時間をかけずにとりあえず、わかった答えを書いておき第3問、第5問に時間をかけました。

第1問は、そんなに時間はかからないので、肝は第3、第5なんですね。

 

何はともあれ、次回、152回からの簿記検定試験は、出題範囲が変わるため、再受験は面倒だなと考えておりましたので、1回で終わってかなりスッキリしました。

 

ちなみに次回の出題範囲では、これまで、個人事業主を前提としてきた問題が、株式会社を前提とした問題となるため、結構ガラリと変わるそうです。

 

合格率は50%前後、2人に1人は合格する試験でも、合格証書をいただくと、自己肯定感がそれなりにアップする感じがします。