【断捨離すれば…】45㎡賃貸家族3人快適スマートライフ

築30年以上の賃貸マンション、狭くても広く使うための行動習慣を考えるブログです。

Kindle fire HD8 とネックスピーカーで耳読が、いまいち続かない理由

Kindle Fire HD8は日本語の方の読み上げにも対応しています。

 

この神のようなデバイスが、年末のサイバーマンデーで5000円という破格の価格で売り出され、

 

これとネックスピーカーで耳読するのが最新最強の読書法であるということで、


f:id:keefir:20190205011719j:image

とりあえず試してみたんだけれど...

 

ここまで読んでくれた方は、ちょっと想像がついただろうけれど

 

 

そう、このKindle耳読、イマイチ続いていません。

 

その理由は、以下の通り

 

  • KindleFire HD8 操作がもっさりとしていてAndroidタブレットやiPad miniと直感的な操作性にズレがありすぎる。
  • ネックスピーカーの音質が気になる。

 

解決策を考えてみた…🤔💭

操作性については慣れれば良いので使い倒していくしかないですね。

 

ネックスピーカーももう少しお値段が高いものにすればいいのかもしれません。

 

Bluetoothイヤホンが2000円から3000円台のものでも十分に使えたので、ネックスピーカーもそれくらいのものでいいかと思ってたのですよね。

 

いや、もしかしたら、これも慣れかもしれない。

 

この音に慣れてしまえば、

 

耳どこに集中している時には、音質は気にならなくなる感覚を覚えることがある。

 

が、しかしスピードとより綺麗な声を天秤にかけると今のところ私は声なんだな。

 

そんなわけで、ただひたすら標準の速度でしか読み上げてくれない、Amazon Echo Showのドルビーサウンドの耳読もわたしはそれなりに評価しているというわけだ。

 

ehcoの読み上げ機能のスキルアップを願うばかりです。

 

話しかければ話しかけるほど賢くなるっていうから、

 

スピードアップとかもっと早く読んで、とか色々声かけて見たりもしている。

 

アレクサ賢くなーれ♪

 

お前さんのグーグルに勝つための唯一の強みは、Kindle読み上げにかかってるんだよ、

 

ついでだけどAmazon Echo Showはね、Amazonフレッシュに対応したら、もっと人々に受け入れられると思うよ(*˙︶˙*)ノ゙

 

ちょっとその辺のところよろしくー。

 

でもやっぱりKindle×ネックスピーカーは、首にかけたままkindleから離れても途切れることなくちゃんと読み上げてくれますしね。

 

この利便性を賞賛しつつしばらく音質には目をつぶるとします。