【断捨離すれば…】45㎡賃貸家族3人快適スマートライフ

築30年以上の賃貸マンション、狭くても広く使うための行動習慣を考えるブログです。

無印良品のワーキングチェアを捨てる

ヘビロテで使い倒して、ボロボロのベコベコの無印良品のワーキングチェアを捨てました。

無印良品ワーキングチェア



かれこれ、6年~7年ぐらい使用していたものです。

 

1年ぐらい前から、座面のネジが飛ぶようになり、とうとう、ネジもはまらなくなり…、ちょっと体制くずすと座面が傾くという、腰によくない状態で、ここ数カ月だましだまし使用していました。

 

私専用のはずだったのですが、家族がどっしんどっしん言わせて座っていたのもあってか、意外と寿命は短かったです。

 

いや、この手の椅子は、大体6年ぐらいが限界なのかもしれません。

 

この無印良品のワーキングチェアのいいところは

 

座面高(39~49cm)にこだわっているところなんです。

 

座ってて足がつかないと、落ち着かない。

背の小さい私には、これすごく重要です。

 

ワーキングチェアもそうなんだけれど、家庭用の椅子ってなぜか座面高が高いのが多い気がします。

 

IKEAに行っても、座面の低いのは、なかなか見つかりません。

 

それで、この高さなら無印のダイニングテーブルでも使えます。

だから、ダイニングテーブルで使用していました。